童貞であっても人生の後半から巻き返せる可能性はあります

日本人はどういうわけか童貞を気にしすぎるようで、周りと自分を比較してしまいがちになります。

人は人、自分は自分と割り切るのが下手な人ほど悩みも深刻になってしまいます。

童貞だと人生失敗してるかのイメージがありますが、よく考えてみるとそんなことはなく、社会的背景が原因で起こっているものなのでそれほど気にしなくて大丈夫です。

人生には早咲きの人と遅咲きの人がいるということをまず認識してみて下さい。

花にも早咲きと遅咲きがあって、早咲きはすぐに枯れてしまうけれど遅咲きはいつまでも咲いていたりします。

早咲きと遅咲きの例はマラソンに例えることもできます。

長距離マラソンでスタート直後から中盤にかけてはトップを独走していたけれど、次第に失速していき後方グループに抜かれていきます。

童貞もそれと同じで早く経験してる人ほど失速も早く、後から童貞を卒業した人は成功の道を歩んでいくというのも珍しくありません。

童貞でいることは別に悪いことでもないですし、童話でいえば「うさぎと亀」を思えばいいのです。

20代前半で結婚して幸せそうに見えても、続かないで離婚してしまうカップルもいます。

30代から40代にかけて結婚した人の方が人生エンジョイできるかもしれないので、そんなに焦って童貞を卒業しなければならないと必死になることもありません。

童貞だと同性愛に走ってしまう人もいるので、そこが注意しなければならないと思います。

日本では同性愛は一部だけですが海外になると結構の数います。

イケメンとそうでない人の差は日本より格差がありますから当然といえば当然です。

しかし日本と違うのはモテないと同性愛に走ってしまう傾向がとても強いのです。

ホモならやっていけると思ってしまう男性が多いようで、そうなってしまうと病気のこともありますし、結婚できる時期になっても同性愛を求めるようになってしまうので、童貞はいつまでも卒業できなくなってしまいます。

日本の場合の童貞は同性愛に走るというよりも、アニメやゲームに夢中になる傾向が強く現れます。

一時的ならオンラインの世界で篭ってもいいかと思いますが、それがずっとだと結婚の機会も逃してしまいますし、永遠に彼女ができないといってことにもなりかねません。

童貞をもし卒業したいのであればリア充になって外にいる時間を長くしていった方が出会いは増えます。

童貞は30代になっても40代になってもいるのが今の日本の社会なのでそれほど気にする必要はないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です