どうしても童貞を捨てることに悩んでる男は有名な高級ソープで御願いすること

日本は童貞が増えています。50代で一度も結婚したことのない男性が5人に1人という統計もあるぐらいです。

ですが、たいていの男性は童貞であると告白することを恥ずかしいと考えます。

女性は処女であることをあまり恥ずかしがらない人が増えました。

特にお嬢様の世界では、今でも純潔ということが大切と教育している家庭も多いので、結婚までは処女であることが尊ばれているからです。

これは女性の場合は一度の性交渉で自身が妊娠してしまうリスクもあるからでしょう。

娘を傷物にされたという言葉もまだ生きています。

ですが男性には、童貞で純潔であることは昔から重要視されていません。

これは昔、日本では赤線等、売春が合法と認められ、童貞の若者は、先輩に連れられて女性の扱いを覚えていくことが習慣になっていたからです。

また田舎では夜這いという行為も、普通に行われていました。夜這いが行われているから、田舎でも結婚できた訳です。

日本人は昔から性に対しておおらかでした。ただ女性は男性の付属物という意識がまだ強かったので処女という概念がもてはやされたのでしょう。

でも今は男女同権の近代的な社会になりました。性交渉ということも法律的にも両者の合意が大前提です。

そして日本では一夫一妻制であり、キリスト教の影響もあるのでしょう。妾とか娼婦という言葉は、今は殆ど目にすることはありません。

ですから童貞を恥ずかしがる必要はないのです。

そうは言っても、30歳を過ぎて男性が童貞であったら馬鹿にされる風潮があるのは確かです。

特に恋人ができた時や、結婚した人が童貞であれば、いざという時にどうすれば良いかわからないので不安になる男性も多いでしょう。

特に童貞の男性と処女の女性が初めて結ばれる時に苦労する場合も多い様です。

女性がある程度経験を積んでいれば、童貞の男性をある程度リードして導いてあげることができるのですが、両者共に初心者では確かに苦労することでしょう。

今はネットでいろいろな知識を得ることができますし、動画教材も豊富です。ですが実際に、女性と一度でも経験している男性と、していない男性では精神的な余裕が天地ほど違います。

それでは童貞をどうやって捨てるか。どうやって女性から教えてもらうかということですが、一番手っ取り早くて後くされが無いのは、有名な高級ソープに行くことでしょう。

ここだけは、女性との自由恋愛ということで、性交渉が認められています。

ここで働く女性達は百銭練磨。正直に童貞であることを打ち明けても、優しく教えてくれるでしょう。特に姉御肌の年上の女性なら、親身になっていろいろ指導してくれるかもしれません。

それは男性にとってもいつまでも良い思い出と残ることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です